コーギー犬のクラムボンとの楽しい毎日


by one-ko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 3 )

冬支度

今日も食べてしまいたいくらいきゃわゆい、クー。
「カワイイね~。」を朝から昼までに少なくても100回以上は言ったかしらん?

e0070318_16475011.jpg


まっ、クーは迷惑そうですけれど。

さて、すっかり朝晩が寒くなってきました。

クーも、コンクリートの玄関でゴロンゴロンしていたのが、
いつのま
にやら ば~さん
お姑様の部屋に入り込んで日向ぼっこをいそしんでいます。


e0070318_16482730.jpg



もちろん、コタツは10月に入ったら部屋にどと~んと据えられております。

e0070318_1649187.jpg


雨の寒い日は、クーもコタツのそばで、ぬくぬくと。

あらまっ。クーの足がとっちらかってるわ。
e0070318_1650559.jpg


コタツがあると、重たい腰がますます重くなるワタクシでございます。

でも、コタツがある光景はなんか幸せな感じがして大好き!でございます。 
[PR]
by one-ko | 2014-10-25 17:00

残暑お見舞い

e0070318_16221566.jpg


残暑お見舞い申し上げます。

毎日、うだるような暑さです。
あちらこちらで気温40度を越えましたってあまりに凄すぎ!

で、40℃の気温ってどんな暑さかしら?と怖いもの知らずで考えていたら
昨日出かけた房総でほとんど40℃の39.9℃という暑さを経験してしまいました。

うははっはっはは~。と

もう笑っちゃうしかない暑さでしたね~。
息を吸うと、肺が熱い!


e0070318_16223198.jpg



クーも昼間は、ばーさんお姑様と、ゴロゴロと寝てすごしていますよ。
”果報は寝て待て”と言いますが
クーの場合は、”オヤツは寝て待て”です。
毎日12時と3時には、、ばーさんお姑様とクーのオヤツタイムですから。

e0070318_16224444.jpg


愛しいきゃわゆい子たちと過ごす夏は、1年1年が大切な時間。

暑いけれど、キラキラとした毎日を過ごしたと思っています。

e0070318_20483849.jpg


「星組 ロミオとジュリエット」久しぶりに、なにもかもが、キレイ過ぎて泣けた。
不幸だけが人を泣かせるのでなく、キレイすぎることに切なくなって泣ける。

PS
予約投稿の時間と日にちを入れ間違えて、
しばらく未来日記になってしまいました・・・この手の間違いが最近多いのは、脳細胞がどんどんと死滅しているから。←単純に老化と言えや
[PR]
by one-ko | 2013-08-12 16:23

1ヵ月後

 
6月16日に 丸刈り した直後のボン様のオチリ。

かなり、生まなましいですね~。ブタさんのオチリにウサギのシッポが付いているようでした。


e0070318_1744737.jpg


あれから、1ヶ月!

ボン様のオチリの毛は、かなり伸びてきました。

この様子だと、8月にはモフモフが復活するかしらん。
嬉しいような、暑いから可哀想なような・・・

e0070318_17444079.jpg



シャンプー直後のお手て。
真っ白でむちっりとして食べてしまいたいわん、。

しょっちゅう、にぎにぎして、ガルルと怒られるおかあさん。
いいじゃん、減るもんじゃないのにね~。ケチなクーだわ




e0070318_17442443.jpg


病院では、帰りたくて玄関前で座り込みするのはお約束のこと。

この日は、突然、しゃっくりのような、カエルの声のようなゲップが前日から突然でるようになったヨーキーちゃんが診察に来てました。

「グエっ!グエっ!」と約1日間、出っ放しらしいです。でも食べるときは止まるから、ご飯は食べられているとか。

苦しそうというより、ユーモラスな音なのですが、飼い主さんにしたら
原因がわからないので、それは心配ですよね。

クーの診察の方が早く終わったので、原因は聞けなかったので、どうなったかしらんね。
気になってます。


e0070318_174585.jpg


さて、診察のために名前を呼ばれたら、おとうさんの後ろに隠れてしまったクー。


e0070318_1745167.jpg


ところで、前回のシャンプーのときに、腫瘍が見つかって経過観察になったクー。

実は、ここの病院の病気診察については、今までのお付き合いのなかで、
今ひとつ安心して任せられない・納得できない・過剰診療では?ということを感じていたので、
細胞検査は別の病院で診てもらいました。
わん友さんたちには、わりと評判の良い病院で
去年、毒虫にさされたときに、一度診てもらったことあるところです。

そこで良性腫瘍の診断をいただいていたので
腫瘍のことを言われたら、そのように答えようと思っていました。(転院の覚悟で)

しか~し、こちらから、「腫瘍は大きくなってませんか?」と聞くまで

この日の若い(見習いみたいな)先生は、まったく腫瘍を診察しなくて、まるで忘れてしまっているようでした。。(カルテに書いてあるのに!)なんてこったい!!!


あ~やっぱりここはダメだわ。


ということで、パピーのころからお世話になっている病院付属のトリマーさんにはすっかり慣れてお姉さんたちのことを、好きなクーなので、予防関係とシャンプーはここでお願いすることにして、
病気については、もう一つの病院で診ていただこう!と決めた飼い主です。









e0070318_17452631.jpg

[PR]
by one-ko | 2013-07-18 17:51